HOME/太寧寺について ご利用案内 年間行事 太寧寺葬 アクセス お問い合わせ

施設の紹介とご利用案内
年間行事
太寧寺葬



太寧寺 住 職 堀 智 明
私は住職の堀智明と申します。前住職の山口正洲師(義父)と親縁にあり、法灯を継いでおります。
その経緯は、昭和44年から平成12年3月未まで東京都立高校の体育教師として奉職していました。
最後の4年間は校長として勤めていました。在職中、本山妙心寺において安居会の修行を5年(5回)
終了し、平成元年僧籍を修得しました。退職後の平成12年4月以降は副住職として住寺に専念
していましたが、平成16年4月京都にある日本最大の禅寺・臨済宗大本山妙心寺から住職を拝命し、
今日に至っています。
 当山は 農山村にある小さな古寺です。景勝地の「昇仙峡」を背にして自然環境に恵まれた所で
600有余年を経ています。その間、檀家さん達の護寺により法継されています。
私は、住職拝命以来、寺の役割について檀家さんをはじめ衆生に何かお役に立てる事がないかと
深慮を巡らせてまいりました。
     寺は、時代の変遷と共に葬儀を初め諸事大きく変わりつつあります。ここで原点に立ち返って考える時期
     に来ていると思っています。寺に関わることばかりでなく、お悩みやご相談事がございましたら、檀家さん
     に限らず檀家以外の方々もこのホームページを活用して、或いはお電語でお申越し下さればこの上ない喜び
     でございます。多くの皆様方のために少しでもお役に立つことが出来ればと考えております。               合掌



太寧寺歴

開山の由来

開基 役の行者・神変菩薩 年限未詳

開山 勅謚大法禅師竺仙梵僊大和尚

1550年頃 再開基 武田信玄の将・馬場美濃守(法号 乾叟自元大居士)

天正元年(1573年)頃、鎌倉建長寺の末寺から離脱し、京都花園妙心寺の末寺となる。

開山以来300年余りの慶應4年(1865年)当時の16代住僧・端玄自性禅師(和尚)の記録を見る。

第19世住職 日比野師遷化の後、暫く無住となる。

昭和16年〈1941年)前住職 山口正洲師、第20世住職として着任し、平成16年4月まで住持。

平成16年4月、第21世住職堀智明が継灯し、現在に到る。

平成20年6月、正洲師遷化す。


臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺の由来
開創 建武4年(1337年)花園法王が自らの離宮を禅刹に改め、関山慧玄(無相大師)を
開山として迎えたのが始まり。
その後、次々と名僧を輩出したため、武士層も帰依し大いに隆盛を極める。
現在、広大な参内に46の塔頭や寺院が存在す。       
                                          妙心寺にアクセス≫



HOME・太寧寺について / 施設の紹介とご利用案内 / 年間行事 / 太寧寺葬 / アクセス / お問い合わせ


臨済宗妙心寺派 高安山太寧寺 〒400-1112 山梨県甲斐市吉沢215番地 電話番号:055-277-5449
住職あいさつ 太寧寺の由来 住職あいさつ/太寧寺の由来 臨済宗妙心寺派 高安山太寧寺 山梨県甲斐市吉沢215番地 電話:055-277-5449