富士山と共に有名な富士五湖。この湖はどうやって出来たのでしょうか?

●富士五湖のなりたち●
富士五湖は、富士山と北側にある御坂山地の間の谷が富士山の噴火による溶岩によってせき止められた堰止湖です。そのはじまりは9,000年程前の噴火で生まれた2つの湖「宇津湖」と「の海(せのうみ)」と言われています。
その後、延暦19年(西暦800年)の噴火による溶岩流で宇津湖が現在の山中湖と「古忍野湖」に別れました。「古忍野湖」は徐々に水が干上がって忍野盆地となり、所どころに湧き出す忍野八海がその名残りを留めています。
一方のの海は同じ延暦19年の噴火で本栖湖が別れ、その後の貞観6年(西暦864年)の噴火で西湖と精進湖が別れました。
西湖、精進湖、本栖湖の3湖は水位がほとんど同じで、増水や減水が同じように起こることから、地中では地下水などを通じてつながっていると考えられています。このことは3湖のできる過程によるもののようです。
河口湖は過去にあった「大田川」が埋まって出来ました。

=現在の湖
=9,000年前の湖

●湖の水はどこから来る?●
湖の水はほとんどが湧き水です。富士五湖の集水地域は富士山の砂礫をかぶった水を通しやすい地面で、降った雨は地面を流れずに土にしみ込んで地下水となって湖底に湧き出しています。

●山中湖●
山中湖の面積は五湖中最大で、標高約1,000mと高い場所にあり夏でも涼しく避暑地として人気のある場所です。五湖の中で唯一流れ出る川「桂川」があり、富士吉田市や都留市などを通って神奈川県の相模湖に流れ込んでいます。
昭和31年、湖底からマリモが発見され、「フジマリモ」と名付けられました。マリモは水の沸き出すきれいな場所に生息していて、大きなもので5cm、平均では2cm程度で小さなものですが、他ではあまり見られないとても貴重な植物です。
冬になるとオオハクチョウなども飛来し、氷が張ることもありますが、近年では温暖化のために氷が張ることも少なくなりました。


富士山と山中湖

湖畔から富士山を望む


●河口湖●
河口湖は古くから観光地として開け、ホテルなどの立ち並ぶにぎやかな場所です。
五湖の中で唯一島があり、この鵜の島には水の神の「豊玉姫命」や「弁天様」が祭られています。
河口湖には流れ出る川はなく、水は地下水となってしみ出しています。現在では発電の為の放水口が設けられ、水位が調節されています。
山中湖と同じようにマリモも生息しています。以前はわかさぎ釣りなどが有名でしたが、最近ではブラックバスなどの外来魚が増え、スポーツフィッシングが盛んになりました。


富士山と河口湖

天上山から眺めた河口湖

●西湖●
西湖は本栖湖に次いで深く、西側は青木ヶ原樹海に隣接している静かな湖です。西湖の周辺には溶岩でできた洞窟がたくさんあり、蝙蝠穴や竜宮洞穴は国の天然記念物に指定されています。
近年はニジマスが養殖され、釣りも盛んになりました。
隣接する河口湖との高低差を利用した水力発電も行われています。


西湖の湖面に写る富士山

●精進湖●
精進湖は五湖のうちで一番小さい湖です。「精進湖」という名前は、昔ここから登山する人々がこの湖で精進潔斎して出かけたからなどと言われています。その昔「の海」を分けた溶岩流の上に出来たのが青木ヶ原樹海で、松本清張の小説「波の塔」で一躍有名になりました。この青木ヶ原の溶岩流は磁性鉱物を含んでいるために磁石がきかない「緑の魔境」と呼ばれていますが、人の手の入らない天然林は国の天然記念物にも指定されている貴重なものです。
側には不思議な池「赤池」があり、普段は枯渇していますが精進湖が増水すると現れ「富士六湖」などと呼ばれます。これは窪んだ地形と水を通しやすい地質が起こす現象と考えられています。


子抱き富士。手前は大室山

釣り客のボートも浮かびます

●本栖湖●
本栖湖は五湖のうち最も深い湖で、透明度も12.7mと高くきれいな湖です。「本栖」という名前は富士山の噴火で移住した人々が、やはり元の巣がよいと帰ってきたところからつけられたと言われています。この地は昔から駿河と甲州を結ぶ街道として栄えたところで、今でもその名残りを留めている所もあります。現在の五千円札の裏面の湖面に写る逆さ富士は、この本栖湖からの眺望です。


本栖湖と富士山


● 富士五湖の面積、水深、透明度●
( )は五湖の内の順位を表す
  本栖湖 精進湖 西湖 河口湖 山中湖
面積(km2) 4.7 (3) 0.5 (5) 2.1 (4) 5.7 (2) 6.8 (1)
水深(m) 121.6 (1) 15.2 (3) 71.7 (2) 14.6 (4) 13.3 (5)
透明度(m) 12.7 (1) 2.8 (5) 6.9 (2) 4.2 (3) 3.7 (4)
国土地理院「国土の情報」より


富士五湖の断面図と標高


 特集メニューへ

(C)ナビィサービスネットワーク ウェブサイトご利用にあたって 
Copyright (C) 2002 Navi Service Network. All Rights Reserved.